メイン画像へジャンプ
ここから本文です

お知らせ

支援者の方へ

【H30.8.4開催】ひきこもりを考える集いのお知らせ

2018.06.27

『私たちの居場所』~未来(あした)のための、その居場所(いち)~

「居場所」とは何なのか、「居場所」にはどんな意味、そしてどんな力があるのかについて、ひきこもりの経験者、家族、支援者の立場から、それぞれの体験や思いをお話しいただきます。

【第1部】 シンポジウム(13:00~15:50)

シンポジスト:
ひきこもりを経験した当事者の立場から  2名
家族の立場から  1名
地域の支援者の立場から  1名

コーディネーター:
三木 浩司 氏 小倉記念病院 緩和ケア・精神科部長
和田 修 氏 ひきこもり地域支援センター「すてっぷ」センター長

【第2部】 グループでの語り合い(16:00~17:00)

ひきこもりに悩むご本人やご家族同士で、語り合います。無理にお話しする必要はありませんし、秘密は守られます。

日時:平成30年8月4日(土) 13:00~17:00(開場12:30)

会場:北九州市総合保健福祉センター(アシスト21) 2階講堂

対象:第1部は、ひきこもりに悩むご本人、ご家族、支援者など、どなたでも。
   第2部は、ひきこもりに悩むご本人、ご家族の参加です。

定員:第1部/100人  第2部/30人

主催:北九州市立精神保健福祉センター
共催:北九州市ひきこもり地域支援センター「すてっぷ」

申込み:電話、FAX、郵送にて受付。※2018年8月2日(木)まで
問い合わせ先:093-522-8729(精神保健福祉センター)

→詳細・申込み用紙はこちら(PDF)
H3008_hikikomori

  • 一覧へ戻る