メイン画像へジャンプ
ここから本文です

お知らせ

市民の方へ

【H28.8.21開催】ひきこもりを考える集い

2016.07.14

日時:平成28年8月21日(日) 13:00~17:00(開場12:30)
会場:北九州市総合保健福祉センター(アシスト21) 2階講堂

内容:

【第一部】 ひきこもりを考える集い(シンポジウム) 13:00~15:25

目的:
ひきこもりの問題に悩む家族や本人、関心を持つ市民に対し、ひきこもりへの理解を深め、問題の幅広い捉え方や望ましい関わり方について共に考える機会を提供する。

テーマ:「立ち止まって見えたもの」~20代、30代、40代の風景~
社会的ひきこもりを経験して、今はそれぞれの道を歩んでいるご本人と、彼らを見守り続けてきた方が、それぞれの世代から見えたものや感じたこと、思いについて語っていただきます。

シンポジスト:
ひきこもり経験者  2名
地域の支援者    1名

コーディネーター:
小倉記念病院 緩和ケア・精神科部長 三木 浩司 氏

【第二部】 ひきこもり当事者・家族のための分かち合いの場 15:45~17:00

・実際に社会的ひきこもりに悩む本人や家族を対象とし、小グループで意見交換を行います。
※ファシリテーター:精神保健福祉センタースタッフ

対象:第一部は、当事者、家族、支援者、ひきこもりに関心のある方など、どなたでも。
   第二部は、ひきこもりに悩む本人や家族。

定員:第一部/100人  第二部/30人

主催:北九州市立精神保健福祉センター
   共催:北九州市ひきこもり地域支援センター「すてっぷ」

申込み:電話、FAX、郵送にて受付。※2016年8月19日(金)まで
問い合わせ先:093-522-8729(精神保健福祉センター)

→詳細・申込み用紙はこちら(PDF)
h280821

  • 一覧へ戻る