メイン画像へジャンプ
ここから本文です

アクセシビリティについて

北九州市「いのちとこころの情報サイト」は、平成22年8月20日に改正公示された日本工業規格「JIS X 8341-3:2010 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウエア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」を尊重し、障害のある方や高齢の方など誰もがホームページで提供されている情報を利用できることを目指しています。
具体的なアクセシビリティ配慮は、下記のとおりです。
※アクセシビリティとは、ホームページ等を利用しているすべての人が、心身の条件や利用する環境に関係なく、ホームページ等で提供される情報や機能に、支障なくアクセスし、利用できることをいいます。

文字の大きさ

文字の大きさの変更は以下の方法をご利用ください。

ブラウザの機能を使って文字を大きくする方法

Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)などのホームページ閲覧ソフト(ブラウザーソフト)の標準的機能として、文字の大きさを変更できる場合があります。
ここでは、Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)の設定について説明します。

Internet Explorer8の場合

1.インターネットで画面を表示している時に、上部メニューバーの「表示」をクリックします。
2.「文字のサイズ」を選択すると、「最大」から「最小」の中から希望の文字サイズを選択できます。

ブラウザの機能を使って文字を大きくする方法

Internet Explorer8の場合

Internet Explorer9の場合

1.インターネットで画面を表示している時に、上部メニューバーの「ページ」をクリックします。
2.「文字のサイズ」を選択すると、「最大」から「最小」の中から希望の文字サイズを選択できます。

ブラウザの機能を使って文字を大きくする方法

Internet Explorer9の場合

音声の読み上げ

北九州市「いのちとこころの情報サイト」は、音声ブラウザやスクリーンリーダーを利用するユーザーが快適に閲覧できるよう配慮したホームページ作成に取り組んでいます。

  • 画像に適切な説明を設定しているので、画像の簡単な説明を受けることができます。
  • 各ページに適切なタイトルを入れており、音声ブラウザによって今どのページを見ているか判断しやすくなっています。
  • 音声ブラウザはスペースを文の区切りと認識します。音声読み上げ時の誤認識を防ぐため、ひとつの単語内にレイアウトのためのスペースを挿入していません。
  • 一部、情報の配置にテーブル(表枠)を使っているため、表を読み上げる順番が一部非対応である場合や、一部の読み上げソフトによっては、うまく読み上げられない場合があります。

音声ブラウザとスクリーンリーダー

音声ブラウザを利用するためには、スクリーンリーダーが必要です。
スクリーンリーダーとは、パソコン上の画面を読み上げるソフトウェアです。
スクリーンリーダーでも、ある程度ブラウザの表示内容を読み上げるのでインターネット閲覧は可能ですが、インターネット閲覧に特化した音声ブラウザは、スクリーンリーダーには出来ない機能を装備しています。
スクリーンリーダーと音声ブラウザの詳細は、各メーカーのホームページをご覧ください。

代表的なスクリーンリーダー
代表的な音声ブラウザ